肩こりを改善する姿勢・座り方!


体操や動作で肩こりを治す デスクワークや家事などで、長時間同じ姿勢を続けたり、重い荷物をぶら下げるなど、筋肉の疲労が原因で起こる、肩凝り。 筋肉がヨロイのように固く重たく感じたら、血行が悪く老廃物が溜まっているサイン。肩凝りは日本特有の、古くていまだに決定的な治療法のない病気。治療のゴールはいかにうまくセルフコントロールするかにあります。 デスクワークをする合間に胸を張る、荷物を持って疲れたら腕を持ち上げる、緊張して肩に力が入ったら肩を回すなど、今までとっていた姿勢と逆の方向に腕や肩を動かすだけ・・・

いろいろな肩こり解消法


家事、運転時のこりは「まっすぐ」で解消 ●まっすぐに立った姿勢で作業する 肩こりの大半は日ごろの姿勢しだいで防ぐことができます。 家事は、まっすぐ立った姿勢でできるよう工夫します。低い流し台を前にねこ背で作業をしているのなら、リフォームして流し台を高くするか、イスに腰かけた姿勢で作業ができるよう工夫します。 掃除をするときは、掃除機のホースを仲ばし、できるだけ上体を起こすように意識します。このような工夫のうえで体操を日課にすれば、肩こりはずいぶん軽くなるはずです。 運転時の姿勢も肩こりの原因にな・・・

パソコン仕事の肩こり解消法!


パソコン仕事では、1時間に10分は席を立とう ●姿勢拘束性が高く7割の人が肩こりに悩む 「パソコンを使った仕事では、7割の人が首・肩の痛みやこりを感じている」。厚生労働省の調査で、パソコン画面を見続ける仕事が、肩がこる大きな原因になる実態が明らかになっています。 人類にこれほど動かないことを強要する仕事は、パソコンが初めてかもしれません。すべての作業が1つの画面の中ですむパソコン仕事では、同じ姿勢をとリ続ける時間が長くなる、すなわち「姿勢拘束性」が高くなるため血流が停滞しがちです。これは、肩や首・・・

歩き方の改善で肩こりを解消する方法!


自分に合った靴で、重心の移動の少ない歩き方を ●体の揺れない歩き方をイメージして 欧米にくらべその歴史が短いためか、日本人は歩き方も靴の選び方も上手とはいえません。さらに、足の扱い方、自分に合った靴の選び方を知らないことが、背骨のゆがみに影響していることが意外に多いのです。 日本人に多いのは、膝が曲がって上体が前方に傾く、あひる型の歩き方です。バランスをとろうとして、あひるのようにあごを前に出して首を起こして歩くため、首のそり返りが強くなり、肩こりになるのです。 よい歩き方、つまり「長く歩いても・・・

睡眠時の姿勢で肩こりを解消する方法!


睡眠時の姿勢を意識して肩こりを楽にする ●首や肩の周囲の緊張を解くために横になって休む 人類は、2本足で歩くようになり、重い頭を首で支えなければならなくなったため、横になって休んでいるとき以外は、首に大きな負担がかかリ続けるようになりました。 食事やお酒を飲んでいるとき、仕事やゲームに熱中しているとき、首と肩の周囲の筋肉はいつも緊張し、必死になって頭を支えています。肩こりを治すためには、この緊張を解いてあげなければなりません。 その最も簡単な方法は、横になって安静にすることです。そして、頭の重さ・・・




このページの先頭へ