肩の力を抜いて肩こり解消法

ひとつのことに集中していたり、緊張していると、つい肩に力が入ってしまいます。

そのままの状態でいると、血行不良になり、肩がこりやすいので、休憩時間には肩の力を抜くようにしましょう。

息を吸いながら、左右の肩をゆっくり上げたら、息を吐きながら一気にストンと落とします。

これを何回か繰り返すと、肩が軽くなったことを実感できるはず。

マウスパットで肩こり軽減

手首を浮かせたままマウスを長時間使用すると肩に力が入り、肩こりの原因になります。

マウスパッドは、手首と腕を支えて、肩に負担をかけないアームレストがついたタイプがおすすめ。

また、タオルを折りたたんだものを手首の下に置いて、腕を支えるクッションにするだけでも、肩に力が入るのを防げます。

デスクワーク中心の人は、座り方やパソコン環境もチェック

座るときは、椅子に深く腰かけて、腹筋を使っておなかを引っ込め、背すじをまっすぐ伸ばして下さい。

足の裏が床にきちんと着くように、椅子の高さを調節しましょう。

パソコンを長時間使うことの多いときは、視線が下がりすぎる置き方だと、眼精疲労からくる肩こりの原因になるので画面位置の調節をしましょう。

ノートタイプのパソコンだと、低い画面をのぞき込む姿勢になりやすく、肩にカも入りがちになります。

できればデスクトップタイプがおすすめ。

全身が一直進になることが、正しい立ち方のポイント

立つときは、耳、肩、ひじ、ひざ、足首の5つを結ぶラインが一直線上になるように意識してみましょう。

猫背にならないよう肩甲骨を少し内側に寄せるようにするのもポイント。

また、荷物を肩にかけて歩くときは、手で荷物を支えるようにすると、肩への負担が軽くなります。

重い荷物を持つときは、正面から見たときに、左右の肩の高さが平行になるように心がけましょう。

荷物は同じ肩だけにかけず、交互にかけ替えるようにして、左右の使う筋肉のバランスをとるようにしましょう。



このページの先頭へ