好きの精油の香りを部屋に満たしてリラックス

植物から抽出した精油(エッセンシャルオイル)の香りを吸い込むと、芳香性物質が鼻の神経から脳の視床下部に伝わり、体と心をリラックスさせる副交感神経が優位になります。

自律神経のバランスが整い、リラックスすることで血行もよくなって、肩こりもラクに。

湯ぶねに2~3滴たらしたり、アロマポットで部屋に香らせたり、ティッシュに1滴たらしてかぐだけでもOK。

睡眠は脳がいちばんリラックスする時間

眠ると、それだけで体の緊張や精神的なストレスがほぐれ、首や肩の血液循環がスムーズになります。仕事などの都合で寝る時間が遅くなってしまう人は、まず午前0時までに眠るように心がけましょう。

横になったら、心配ごとや不安は、できるだけ頭の中からなくして。

「今日考えてもしかたないや」と気持ちを切り替えて、眠りにつきましょう。

肩こりにおすすめの精油

●ローズマリー
スーッとした清涼感のある香りが特徴。筋肉疲労を解消し、血液循環をスムーズにする働きがあるので、冷えを伴う肩こりにおすすめです。柑橘系の精油と相性がいいので、レモンやオレンジとブレンドしてもOK。

●ゼラニウム
バラのような甘くフレッシュな香りで、神経の高ぶりを鎮めて、気分を落ち着かせる働きがあるので、ストレスによる肩こりに効果的。ホルモンのバランスを整える働きもあるといわれています。とにかく体も心も疲れてくたくた、肩こりもひとい、というときに。

●ラベンダー
フローラルの甘い香りが特徴で、「体と心の万能薬」といわれるほど、用途の広い精油です。心をリラックスさせる効果が高いので、ストレスによる肩こりをやわらげたいときに。長く使うことで、肩こりの痛みを鎮める効果も期待できます。

パソコンの使わない時間をつくろう

眠る直前までパソコンやテレビの画面を見ていたり、携帯電話でメールを打っていると、体と心を活動モードにする交感神経が優位になってしまい、スムーズに眠ることができません。

眠る時間の2~3時間前には、パソコンや携帯電話の電源をできるだけオフに。

遅い時間のメールは、翌朝チェックするようにして、体と心を休めるようにしましょう。




このページの先頭へ