肩甲骨をくっつけるようにして、体を上下させる

テーブルなどに背を向けて立ち、手を後ろに突き、両ひじと両ひざをかるく曲げて、体を上下させます。

体をまっすぐ下ろすようにしながら、手のひらに体重を少しずつかけて肩甲骨のまわりの筋肉を動かすのかポイント。

首から肩の上を伸ばす

右手を左の側頭部に置き、頭を右側に少しずつ倒し、首と肩の筋肉をじっくりとストレッチしましょう。

反対側も同じように伸ばします。

わきをを伸ばす

両腕を上に伸ばしてから、頭の後ろでひじを曲げます。左手で右腕のひじをつかんで、斜め上の方向にゆっくり引きましょう。

わきから肩甲骨のあたりの筋肉を意識して行います。反対側の腕も同じように行って。



このページの先頭へ