ストレートネックとは

肩こりの原因として最近とくに増えているのが、ストレートネックと呼ばれる症状です。

首の骨(頚椎)は、本来S字にカーブし、クッションの役割をして、頭を支えています。

でもパソコン作業や家事などで、前傾姿勢をとることの多い現代の女性は、この頚椎の自然なS学力ーフが失われ、直線になっている人が多いのです。

これがストレートネックです。

レントゲンを撮らないとわからないのてすが、この状態の人は、首に大きな負担かかかるため、首、肩、背中のこりや痛み、ひどくなると頭痛やめまい、吐きけなどの症状があらわれます。

医師の指導のもと正しい姿勢を心がけたり、パソコンのディスブレイの位置を変えるなど、生活習慣を見直すことで改善できます。



このページの先頭へ