頚椎椎間板ヘルニア

頚椎の間にある、クッションの働きをする椎間板に亀裂が入り、年齢とともに変化して脊髄などの神経を圧迫する病気です。

椎間板の老化は20代から始まるので、若い人にも起こりますが、中年以降に発症することが多いようです。

激しい痛みとともに、手足のしびれやまひなどの症状もあらわれます。

安静を保ちながら、消炎鎮痛薬などの薬物治療などが行われます。

胸郭出口症候群

胸郭出口とは鎖骨と第一肋骨の問にあるすきまのことをいいます。

このすきまが何らかの原因で狭<なり、間を通る血管や神経が圧迫されたりひっぱられて、首や肩、腕にこりや痛み、しびれが起こります。

とくに女性は筋力が弱いため、腕の重みで神経などがひっぱられることで起こることが多いようです。

なで肩の人に多<みられます。

治療には消炎鎮痛剤や筋弛緩剤を使った薬物療法のほか、痛みを取る神経プロック療法(注射)や手術が行われることがあります。

その他

その他の病気としては、四十肩、五十肩とも呼ばれている「肩関節周囲炎」が多くみられます。

腕を動かそうとしたときに、突然、激しい痛みが肩に起こり、腕を上げる、後ろに回すなどの動作がしにくくなります。

薬物療法や温熱療法など、病院できちんとした治療を受けるようにしましょう。

また、内科的な原因として、「甲状腺腫瘍」「狭心症」「心筋梗塞」「肺がん」などで肩こりの症状があらわれることもあります。



このページの先頭へ